オゾン療法とは

オゾン療法とは、約70年前にドイツで開発された血液の浄化療法です。アンチエイジング効果が高く、保険診療では改善しない様々な症状が改善すると言われており、ヨーロッパ諸国ではすでに確立、認知されている方法でもあります。イギリスでは、エリザベス女王の母君であるクイーンマムが老化予防のために定期的に行っていたとされています。生物に対しては通常は有害な作用を示すものも、極微量か一時的であれば逆に良い作用を起こす場合があります。



この生理的刺激作用ホルミシス効果と伊井、少量の酸化ストレスを与えることで人の身体が持っている力で抗酸化力を強化させよう、という目的とした治療を酸化療法と言います。オゾン療法はこの治療法の一種であり、少量の酸化ストレスを与えることで血液を活性化を促します。効果としては老化防止やアトピーなどの肌状態の改善、B型・C型肝炎への効果、脳梗塞や心筋梗塞といった虚血性疾患などに効果があると言われています。また日常生活における冷え症など現代人の多くが抱えている症状にも高い効果があります。

オゾン療法で自然治癒力がアップする

オゾン療法は40年前にドイツで始まりヨーロッパに広まったオゾンを利用した血液の浄化療法となります。血液の浄化を行うことで疲労が回復したり冷え性の改善、肩こりの改善、免疫力のアップ、抗酸化作用の強化、細胞の活性化などの効果が期待できます。それらの作用により結果として自然治癒力のアップにも繋がっていくことになるのです。



血液を浄化するオゾン療法にはいくつかのメニューがあります。一つには100〜200mlの血液を採取してオゾンで浄化した血液を点滴で戻す血液クレンジング療法、5〜10mlの血液をオゾンガス処理して皮下に投下する局所クレンジング療法、直腸にオゾンガスを直接注入することで全身に巡り効果を発揮する腸内オゾンクレンジング療法、オゾンガスを皮下組織に注入することで痩身が可能となる美容オゾンクレンジング療法などがあります。



いずれの方法もオゾンを用いて血液を浄化することで高効果を期待するものとなっています。どの方法も人の持つ自然治癒力をアップさせることで叶う事です。このようにオゾン療法は自然治癒力と密接に関係していると言えるのです。

オゾン療法が老化防止に役立つ

オゾン療法は、主にヨーロッパで行われているオゾンガスを用いた治療法の総称です。100〜200ccの血液を抜いた後、オゾンガスを混合させた血液を体内に戻すことで人の身体が持っている力で抗酸化力を高めます。この方法はイギリスのエリザベス女王の母であるクイーンマムを受けていたとされている治療法で、大きな注目を集めています。



B型C型の肝炎やHIVウイルスの増殖を抑えるためだけでなく、抗酸化力の強化による老化防止やアトピーなどの肌状態の改善、脳梗塞や心筋梗塞といった虚血性疾患などに効果があると言われています。オゾン療法が老化防止に有効と言われているのは、この治療の目的在ります。老化は自然治癒力が低下した状態です。



そのためオゾン療法によって自然治癒力を回復させることで老化防止に有効と言えるのです。この治療を日本で受ける場合はまず専門クリニックで問診を行い、検査を行います。場合によっては治療できない場合があるので注意しましょう。先に触れたとおり、血液を抜いた後、オゾンガスを混合させた血液を体内に戻すわけですが、週に1回から3回程度、定期的に行っていく必要があります。

英国のエリザベス女王の母クィーンマムがオゾン療法愛好者だったって本当?

英国のエリザベス女王の母クィーンマムは非常に長生きをしたことで有名です。長生きの秘訣は何だったのでしょうか。もちろん、生活習慣が良かったのかも知れませんし、適度な運動をしっかりとされていたのかもしれません。偏食もなく理想的な生活をしていたのかもしれません。長生きをする人がいると誰しもが、その秘訣を知りたくて話を聞きたがるものです。



それが英国のエリザベス女王の母クィーンマムということになれば、なおさら説得力もありますし、とても注目をされることとなります。英国のエリザベス女王の母クィーンマムが長生きできた秘訣の一つにはオゾン療法の愛好者だったからだという話があります。



これは本当の様で実際に週2回のオゾン療法を欠かさずに行っていたそうです。そのおかげで大きな病気をすることもなく長生きをすることが出来たのだそうです。確かに血液の一部を週2回、浄化をしていくのですから体に良いと言えそうです。結果として免疫力や抗酸化作用がアップして自然治癒力のアップにつながったので長生きが出来たと言えるのです。より一層、オゾン療法は注目されることとなったのです。

目次