横峯さくらの経歴

横峯さくらは、1985年12月13日産まれの鹿児島県しゅっしぃんの女子プロゴルファーです。身長155cmのAB型で現在はエプソン販売に所属しています。そして父が社長を務めている有限会社さくらでもあります。元参議院議員の父親は横峯良郎で長姉の横峯瑠依もプロゴルファーとして活躍しています。

ゴルフを始めたきっかけは父の影響で、8歳から始めて小学4年生には全国小学生大会で優勝を飾ります。この時に2位を獲得したのは同じプロゴルファーの宮里藍で以降ライバルとして互いを磨き合うことになります。

2002年には日本ジュニアゴルフ選手権競技の15-17歳女子の部とサンスポ女子アマで優勝し、2003年には日韓対抗中学・高校生ゴルフ選手権高校女子の部で優勝します。そして2004年8月にプロテストに合格します。そこから更に活躍の幅を広げ、2005年4月15日から行われたライフカードレディスで念願の国内女子ツアー初優勝を飾りました。

それまで必ず父がキャディーを務めていましたが、2005年9月23日に行われた大会では父以外のキャディーと組んだことで落ち始めていた成績を復活させました。2014年4月22日のはOKラインメンタルトレーナーである森川陽太郎と結婚し公私ともに充実した生活を送り続けています。

横峯さくらはどれくらい、ゴルフが上手いのか?

横峯さくらは鹿児島県出身のプロゴルファーです。父親は横峯良郎で元参議院議員、長姉の横峯瑠依もプロゴルファーとして活躍しています。その熟練したゴルフの腕は女子ゴルフの世界ランキング25位に君臨する実力を持っています。横峯さくらがゴルフを始めたのは8歳でゴルフ好きの父親の影響と言われています。


小学四年生で出場した全国小学生大会で優勝するなど若いうちからその才能は発揮されていました。その軌跡は2005年まで続くのですが、優秀な成績を修めるほどの実力を得たのはひとえに父親のお蔭でもあると言えます。父親の横峯良郎は2005年まで横峯さくらのキャディーを務めており、常にその傍らで娘を支えていました。

暫く成績不振に陥り、別のキャディと組んで参加した2005年のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝を飾ってからはその体勢も変化していきますが、横峯さくらがゴルフを始めて世界ランキング25位として素晴らしい成績を残す過程において、父親の存在は必要不可欠であったと言えるでしょう。

横峯さくらのプレイは極端なオーバースイングが特徴で、小柄でありながら遠距離に飛ばすことが出来ます。

横峯さくらのブログが面白い

横峯さくらは鹿児島出身のプロゴルファーで、以前は父の横峯良郎とキャディを組んで優秀な成績を修めて世界ランキング25位という記録を残しています。

2014年4月22日にOKラインメンタルトレーナーである森川陽太郎と結婚し、現在も公私ともに充実した生活を送り続けている横峯さくらですが、2006年01月に解説されたブログが面白いと人気です。このブログでは横峯さくら本人の書き込みを閲覧できるほか、動画投稿、読者との交流だけでなく、スポーツニュースやゴルフスコアとの連動など様々なコンテンツを公開しています。最近のブログを覗いてみるとクリスマスや年末年始など恒例行事では家族仲良く集まって楽しそうにしている風景を覗くことが出来ます。

だいたい本業であるプロゴルファーとしての活動の記録が多くはあるのですが、CM撮影などスポーツ以外の活動に関しても逐一ブログで報告してくれています。横峯さくらが好きな人はぜひチェックしてみると良いでしょう。
ブログの記事にはコメントが残せるようになっているので、書いておくと本人が見てくれるかもしれません。

さくらパパとスキャンダルについて

横峯さくらの父、横峯良郎はゴルフキャディー、ラジオパーソナリティ、元政治家といった様々な仕事をこなす日本の実業家です。


横峯パパ、さくらパパという愛称で親しまれていますが、様々なスキャンダルが発覚しています。まず2007年6月21に発売された週刊新潮では過去に賭けゴルフを行っていた疑惑と年金未納について報じられました。当時選挙中だったことから事実無根の姿勢を貫いていましたが、当選後には賭けゴルフ疑惑だけでなく不倫に関しても報じらました。


記事の中で横峯良郎は両方の事実を認めており、幹事長厳重注意処分とされます。そして2010年7月23日に発売された週刊誌では恐喝事件に関与した疑惑が報じられます。横峯良郎が関係している飲食店で発生した金銭トラブルで、仲介役となった横峯良郎が紹介した知人のプロレスラーが店を恐喝したという内容でした。

そして2011年5月2日正午頃に発生した接触事故や、2011年9月28日の航空券不正受給、更には2012年9月28日の政党交付金不正支出、2007年7月21日の年金に関する発言が問題視されるなど様々なスキャンダルが過去に起きています。

目次